ボクシング

井上尚弥は減量どうしてる?体重や減量食など大調査!ボクサーの減量は過酷?

プロ負け無しで現WBAスーパー・IBF世界バンダム級統一王者の井上尚弥さん。

今回は、地獄とも言われる「減量」について迫っていきます。

井上尚弥さんは、どのような減量法で乗り切っているのか。

食事方法や、プロボクサーの減量事情についても触れていきます。

井上尚弥の体重は平均より高い?低い?階級は?

まず、井上尚弥さんの体型について紹介していきます。

井上尚弥さんの身長は165cmです。

この身長の標準体重は60kgほどで、井上尚弥さんも通常体重は60kg弱とのことで、平均くらいですね。

 

井上尚弥さんはプロ当初、ライトフライ級までは減量が過酷だったようで、パワーも半減。

しかし、スーパーフライ級に階級を上げて以降は、実力を発揮できているのだとか。

 

ちなみに、ライトフライ級は48.97kgの体重制限で通常体重から10kg以上の減量となるので相当大変なのが伝わってきます。

スーパーフライ級は52.16kg、現在のバンダム級では53.52kgの制限がありますが、難なくクリアしています。

それでも減量期となると6~7kgほどの減量となるので、過酷なことに違いはなさそうです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です