歌手

木の実ナナは現在セミリタイアで車いす生活?若い頃からスタイル抜群!

東京新聞の取材で池ノ上を紹介する木の実ナナ

かつて、「あぶない刑事」シリーズ」や2時間サスペンス劇場などといったドラマの世界で活躍した女優、木の実ナナさん。

木の実ナナさんについて、現在は車いす生活でセミリタイア中ではないかという噂が立っています。

今回は、気になる木の実ナナさんの現在の様子について、様々な情報を調査しました。

果たして、現在彼女はセミリタイア状態なのか?また、車椅子生活をしているのでしょうか?

さらに、それだけではなく気になる彼女が結婚しているのかといった情報についてもご説明しますので最後までお楽しみください。

木の実ナナのプロフィール

木の実ナナ 男はつらいよ

木の実ナナのWiki的プロフィール!

本名:池田 鞠子(いけだ まりこ)

芸名:木の実ナナ

出身地:東京都向島区寺島町(現・墨田区東向島)

誕生日:1946年7月11日

身長/体重:160cm/40kg

血液型:B型

所属:ダンカンミュージック

趣味:スキューバダイビング

木の実ナナさんは1946年に東京都で、父はトランペット奏者で、母はダンサーという家系で生まれました。

ちなみに、両親はどちらも日本人であり、巷で言われているハーフ説はデマです。

木の実ナナさんは幼少期から体が弱く、3歳頃までは歩くことが難しいほどであったそうです。

しかし、そんな体が弱い木の実ナナさんを甘やかすことなく、母親はバレエに通わせました。

幼少期は芸者などが多い環境にいたことから、芸者にも憧れを抱いていたそうです。

 

やがて、木の実ナナさんが16歳の頃に、渡辺プロダクション主催の新人オーディションに参加したことで芸能界デビューを果たしました。

木の実ナナさんは、あくまで友人の付き添いだったそうですが、どうにも緊張してしまって何もできない友人に代わってオーディションに出たところ、審査員の目に留まったそうです。

経歴

芸能界に進出した木の実ナナさんは、当初は人気お笑い芸人集団「ドリフターズ」の専属歌手としてその歌声を披露していました。

その後、1962年に「東京キカンボ娘」という楽曲で本格的に歌手としてデビュー。さらに同年「ホイホイ・ミュージック・スクール」でTV進出を果たしました。

しかし、次第にヒット作に恵まれないことに苦戦するようになり、1970年に渡米し、アメリカのショービジネスについて学ぶことになりました。

帰国後は劇団四季に参加をはじめ、舞台劇に多く出演。

役者としての才能を開花させました。

その後、1986年に放送された刑事ドラマシリーズ「あぶない刑事」に出演。

このシリーズは2010年代まで映画が制作されるほどの人気シリーズとなり、「女優」としての木の実ナナさんを定着させることにも成功しました。

若い頃からスタイル抜群

そんな木の実ナナさんですが、その若い頃はかなりスタイル抜群であったようです。


太腿もかなり綺麗です。恐らく幼い頃からのバレエ経験が効果的に働いたのでしょう。

どうやら、若い頃はそのしなやかな肢体も魅力の一つであったといえますね。

結婚しなかった理由はある?


木の実ナナさんは現在77歳になりますが、娘や息子といった子供はいたこともなければ結婚したこともありませんでした。

木の実ナナさんになぜそういった結婚話がなかったのでしょうか。

彼女が結婚しなかった、あるいはできなかった理由について深掘りしていきます。

理由①父親の反対

とあるネット上のウワサによると、木の実ナナさんは父親から結婚に反対されていたのではないかともいわれています。

これについては、詳細は定かではありませんが、木の実さんの家では、実はナナさんの仕事での稼ぎが頼りにされていたことから、父親は木の実ナナさんが結婚することで報酬を頼りにできなくなることを恐れていたのではないかといわれています。

これについては真実か定かではありませんので、デマの可能性もあります。

というのも、実は木の実ナナさんのお父さんは、木の実ナナさんが52歳の頃に亡くなっているからです。

理由②母親の介護

木の実ナナさんが結婚できなかったもう一つの理由は、急性骨髄性白血病にかかってしまった母親の介護が原因なのではないかといわれています。

若い頃は父親に反対され、中年以降になってからは母親の介護でいっぱいいっぱいの状態になってしまい、結婚するタイミングを失ってしまったのかもしれません。

木の実ナナさんは、2008年11月にお母さまが急性骨髄性白血病で亡くなるまで、二人暮らしをしていたといわれています。

理由③病気

また、木の実ナナさんは1992年、彼女が46歳の時に、動悸が止まらなくなる・耳鳴りがするなどといった更年期うつ病にかかってしまいました。

2024年現在では改善されているようですが、それでも2023年に公開されたあぶない刑事シリーズ最新作の映画を降板しています。

彼女の代表作ともいえるあぶない刑事を降板してしまったことは、うつ以外にも骨折するほどの大怪我をしたことが原因ともいわれています。

理由④理想が高い

木の実ナナさんが結婚できない理由の一つとして、男性に求める理想が高いということが挙げられています。

というのも、木の実ナナさんの好きなタイプはなんと俳優の高倉健さんでした。

高倉健さんは、ハリウッド映画「ブラックレイン」にも出演するほどの日本を代表するスターとして高い人気を得ていました。

そんな高倉健さんが木の実ナナさんにとって理想の男だったのです。

これでは、他の男性と付き合うのは難しそうですね。

仕事をセーブしているのは本当


木の実ナナさんは、現在HPの更新はしておらず、SNSなどもそもそもアカウント無しの状態で、SNSそのものをやっていません。

そのため、木の実ナナさんの近況はどうなっているのかよくわかっていません。

どうやら、木の実ナナさんが芸能活動をセーブしていることはほぼ間違いないといっていいのかもしれません。

車いす生活とは関係ない

そんな木の実ナナさんですが、2015年に沖縄で上演された舞台『南阿佐ヶ谷の母』公演終了後に舞台上から転落して大怪我を負い、車椅子生活をしていたことがありました。

しかし、この事故の後に「あぶない刑事」シリーズの映画の撮影に参加していることから、この事故が彼女の引退の直接的な関係にあるということではなさそうです。

最後のメディア出演は2019年

木の実ナナさんが最後にメディアに出演されたのは2019年でした。

同年にテレビ朝日で放送されているテレビ番組「徹子の部屋」に出演。そこで、ヨガをしていることなどを報告していました。

また、同じく2019年に国際映画祭に参加したり、コンサートを行っています。

しかし、この2019年以降はメディアへの出演を控えています。

なぜメディアへの出演を控えているのかは、よくわかっていません。

実は骨折していて現在リハビリ中


木の実ナナさんは近年再び骨折をしてしまい、リハビリ生活を送っていたそうです。

というのも上記でも書いたように、2023年に公開されたドラマや映画などで活躍した人気刑事ドラマシリーズ「あぶない刑事」の最新作を降板されていいます。

この降板の背景は、木の実ナナさんの骨折が原因となっているようです。木の実ナナさんのマネージャーは、以下のように説明していました。

「今年6月に転んで骨折しました。入院しましたが、現在は退院して、リハビリ中。外出はあまりしていませんが、家でボイストレーニングをしています。コンサートを再開することが今の目標なので、引退は考えていませんよ」

出典:「降板、引退じゃない」木の実ナナ、マネージャーが明かす『あぶない刑事』出演しない本当の理由

 

「年齢のせいもあって、芸能界で活動するのは厳しいけど、生活は普通にできていますよ。ただ、去年のクリスマスに仲のよかったスタッフと一緒にごはんに行ったとき、その人が階段から転落して亡くなってしまったんです。店の外に出た後、全然戻ってこないから見にいったら倒れていたみたいで……。そういうのもあって、気落ちしてるんじゃないかと思います」(木の実の元役者仲間)

出典:「降板、引退じゃない」木の実ナナ、マネージャーが明かす『あぶない刑事』出演しない本当の理由

いつかコンサートを行うために日夜リハビリに勤しんでいるとのことです。

いつかは木の実ナナさんの復活がみれるかもしれません。

まとめ


今回は、かつて女優・歌手として活躍した木の実ナナさんの現在の様子についてお調べしました。

木の実ナナさんは2019年以降メディアにほぼ登場していませんが、マネージャーさんによると引退はしていないとのことです。

また、2023年に公開された「あぶない刑事」シリーズの映画は骨折のため降板となりましたが、現在はリハビリをしながらコンサートを行うことを前向きに検討されているようです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。