ボクシング

井上尚弥はどこまで階級上げる?PFP1位の最強ボクサーになれるのか?

「日本ボクシング史上最高傑作」と呼ばれている井上尚弥選手。

その知名度は日本に留まらず、海外でも目の離せない選手として有名です。

 

様々な階級を制覇している井上選手の次の階級はどこを目指すのでしょうか?

この記事では、そんな井上選手の強さに触れつつ、PFPで見た井上選手に迫ってみたいと思います。

”MONSTER”井上尚弥選手とは?

井上尚弥選手の戦績

プロ戦績無敗

井上尚弥選手は、アマチュア75勝6敗(48KO)という驚異的な数字と、史上初となるアマ7冠を達成した後、19歳という若さでプロになります。

このプロ転向じに「怪物」という異名をジム会長によって名付けられ、世界に井上の名前を知らしめたと同時に「モンスター」へと変貌を遂げます。

プロ通算成績は21戦21勝無敗(18KO)と圧巻の成績を出しおり、注目すべきはやはりKO率で、プロ転向後の数字は85%をたたき出しています。

 

階級は?

井上選手はライトフライ級でプロデビュー戦勝利後、驚異的なスピードで勝利を重ねます。

そのままデビュー6戦目にして世界タイトルを獲得し、一度の防衛戦を挟みスーパーフライ級へ転向。(フライ級を飛ばし、2階級転向をしています。)

プロ8戦目でスーパーフライ級の世界タイトルも獲得し、これは当時の世界最速2階級制覇となっています。また、この後7度の防衛に成功しています。

2018年からバンタム級に転向。16戦目にて世界タイトルを獲得。

当時国内最速となる3階級制覇を成し遂げます。

上記より、現在井上尚弥選手はライトフライ級スーパーフライ級バンタム級の階級にて試合を行っており、それぞれ世界タイトルを獲得しています。

やはり、ここで気になるのはフライ級をなぜ飛ばしたのか?という点ですが、調べれば調べるほど憶測が広がり、主題から遠のくため、今回は深堀するのはやめておきます・・・

 

獲得タイトル

上述した通り、井上選手は各階級で世界タイトルを取得しています。

WBC世界ライトフライ級王座、WBO世界スーパーフライ級王座、WBAスーパー世界バンタム級王座となります。

また、バンタム級に関してはWBSSにてIBF世界王者を下し、IBFバンタム級王座を獲得したことにより、2冠を達成しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です