ボクシング

中谷正義はボクシング日本ライト級最強?戦績やプロフィールまとめ!

ボクシングの数ある階級の中でも最激戦区と称さされることの多いライト級。

デービスやヘイニー、ロペス、ガルシアの四天王と呼ばれる若手海外勢を中心に、負けたとはいえ今もなお現役最高のボクサーと誰もが認めるロマチェンコ。

日本でも日本・東洋太平洋・アジアパシフィックの3団体同時保持の王者「吉野修一郎」や元世界王者の「伊藤雅幸」、元日本王者でユーチューバーとしても人気の「細川バレンタイン」、昨年伊藤に勝利した「三代大訓」。

 

多くのタレントたちがしのぎを削り王座を奪い合う展開はライト級ウォーズと呼ばれ今最も盛り上がっている階級です。

 

そんな中、日本人で最も世界に近い男の存在を知っていますか。

 

その男の名は・・・。

 

「中谷正義」

 

OPBF東洋太平洋ライト級の王座を11度も防衛し、現4団体王者「テオフィモ・ロペス」と対戦、判定で敗れ一度は引退するも現役復帰後第1戦で衝撃のKO勝利。

 

世界的な評価を得て、次戦はあの「ワシル・ロマチェンコ」との試合が決まっている、とんでもないボクサーです。

ロマチェンコに勝利なんてことがあったら日本ボクシング最高の快挙。

 

試合が決まるだけでも凄いと話題の好カード。

中谷選手を調べるうちに、もしかしたらもしかするかも・・・。

そんな期待感も出てきましたよ。

 

よりワクワクしながら試合を楽しむために。日本が誇るライト級最強の男、中谷正義の経歴をおさらいしましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です