ボクシング

マイケル・ダスマリナスはどんな選手?井上尚弥と対戦は実現するか?

世界に名を轟かせているWBAスーパー、IBF世界バンタム級王者の井上尚弥の次戦の話が出てきています。

 

その相手は、現在、IBF世界ランキング1位のマイケル・ダスマリナス選手です。王者の井上選手にIBFから指名試合の通達があり、試合が組まれることが確実視されています。

 

ダスマリナス選手は、メジャー4団体の世界タイトルは初挑戦となります。

 

今回は、世界的知名度は低いですが、次戦の井上選手の相手となるマイケル・ダスマリナス選手について、その強さやボクシングの戦績など深堀していきたいと思います。

マイケル・ダスマリナスのwiki的プロフィール!

マイケル「辛くてスパイシーな」ダスマリニャス

出典:TAPOLOGY

マイケル・ダスマリナスのWiki的プロフィール!

名前:マイケル・ダスマリナス

出身地:フィリピン、カマリネススル州ピリ島

誕生日:1992年8月20日

身長:170cm

血液型:不明

所属:MPプロモーション

特徴:サウスポー

ダスマリナス選手は幼少の頃にいとこに誘われてボクシングを始めました。しかし、アマチュアキャリアで記録に残っているのは1試合のみで、その試合は敗北しています。記録されていない試合もあるかもしれませんが、ダスマリナス選手のアマチュア経験は無いに等しいと言ってよいでしょう。

 

19歳でプロに転向し、キャリアをスタートさせました。当初は線が細く周囲からは虚弱だと言われていたようですが、その時の悔しさを原動力に実力をつけてきたようです。現在ではフィリピン国内で「ネクストパッキャオ」と呼ばれることもあり期待されています。(パッキャオとは世界6階級制覇王者のマニー・パッキャオのこと。)

 

実はダスマリナス選手は過去に来日経験があります。元WBC世界バンタム級王者の山中慎介選手や、元WBC世界バンタム級暫定王者の井上拓真選手、現IBF世界スーパーバンタム級王者の岩佐亮佑選手のスパーリングパートナーとして、何度か来日しています。世界的な知名度はありませんが、日本のボクシング関係者の間では名が知られた選手です

マイケル・ダスマリナスの戦績と強さは?

こちらがマイケル・ダスマリナス選手の戦績です。
33戦30勝2敗1分(20KO)

日付 勝敗 内容 対戦相手 備考
1 2012年
1月15日
勝利 判定
3-0
ウィルマー・プラガタ
2 2012年
2月10日
勝利 TKO ジミー・ビシーサ
3 2012年
2月18日
勝利 TKO ゲリー・パテニオ
4 2012年
4月21日
敗北 KO マルボン・ボディオンガン
5 2012年
6月30日
勝利 TKO チャーリー・ガブリエル
6 2012年
8月16日
勝利 判定
3-0
ネルソン・ザバラ
7 2012年
9月21日
勝利 判定
3-0
ジュンジュ・ローザ
8 2012年
10月28日
勝利 TKO マベルト・パウリノ
9 2012年
12月13日
勝利 判定
2-1
マイク・エスパノサ
10 2013年
1月27日
勝利 TKO ジャンリー・カネテ
11 2013年
3月11日
勝利 TKO ローランド・ニオネス
12 2013年
4月13日
勝利 TKO ジェラルド・コルテス
13 2013年
6月1日
勝利 TKO ローランド・ニオネス
14 2013年
8月4日
勝利 判定
3-0
ピットアナカヤ
15 2013年
11月16日
勝利 判定
3-0
レンレン・パセグナヒン
16 2014年
3月29日
勝利 TKO ゾレン・パマ
17 2014年
5月26日
勝利 棄権 エルベール・ガーディアリオ
18 2014年
7月30日
勝利 判定
3-0
木村隼人
19 2014年
9月21日
勝利 TKO オスカー・レクナファ
20 2014年
12月13日
敗北 判定
1-2
ルワンダール・シティータータ IBO世界スーパーフライ級王座獲得失敗
21 2015年
1月31日
勝利 KO アロエル・ロマササ
22 2015年
4月24日
勝利 TKO ロイ・ラグラダ
23 2015年
7月11日
勝利 判定
3-0
ジャリル・パヤオ WBCスーパーフライ級ユース王座獲得
24 2015年
11月3日
勝利 KO ウィサンレック・スリサケットパッタナ WBCスーパーフライ級ユース王座初防衛
25 2016年
3月7日
勝利 棄権 エジソン・ベルウェラ PBF比国スーパーフライ級暫定王座獲得
26 2016年
4月29日
勝利 TKO ジェッカー・ブハウェ PBF比国バンタム級王座獲得
27 2016年
9月28日
勝利 判定
3-0
マイケル・エスコビア
28 2017年
8月24日
勝利 KO マテオ・ハンディング
29 2017年
10月20日
勝利 KO プーファ・ポーノブノム
30 2018年
4月20日
勝利 TKO カリム・ゲルフィ IBO世界バンタム級王座獲得
31 2018年
9月29日
引分 判定
1-1
マニヨ・プランジュ
32 2019年
3月23日
勝利 判定
3-0
ケニー・デメシリョ
33 2019年
10月26日
勝利 TKO アルテド・ソーウォラピン

ダスマリナス選手は現在28歳にして33戦のキャリアがあります。高いKO率を誇り強打を武器としています。

 

母国であるフィリピン国内での試合がキャリアの大半を占めています。いろいろな選手のスパーリングパートナーとしての来日経験も豊富ですが、18戦目の木村隼人選手との試合は日本で行われ、日本国内での試合経験もあります。

 

獲得タイトルとしては、WBCのユース王座、フィリピン国内王座、マイナー団体のIBO王座を獲得しています。強豪やビッグネームとの試合はほぼありませんが、地道に勝ち上がって世界ランキングを上げてきた選手です。

マイケル・ダスマリナスは井上尚弥に挑戦する?

WBAスーパー、IBF世界バンタム級王者の井上尚弥選手の次戦は、ファンとしては非常に気になるところです。WBO同級王者のジョンリール・カシメロ選手や、WBC同級王者のノルディーヌ・ウバーリ選手との統一戦が期待されています。

 

しかし、次戦はIBF世界ランキング1位のマイケル・ダスマリナス選手が有力です。ビッグマッチを期待していたファンは少し拍子抜けするかもしれませんが、これには理由があります。

 

ダスマリナス選手は、2019年3月の時点で、IBF王座の挑戦者決定戦に勝利し、ランキング1位となったれっきとした指名挑戦者です。しかし、井上選手がWBSSに出場していたため、挑戦を待たされていました。

 

WBSSが終わり、井上選手に挑戦できるかと思われましたが、コロナ禍に見舞われました。当時、フィリピンは特に出入国の制限が厳しく、日程調整が全くできなくなってしまったのです。コロナ対策ができつつある今、ようやく井上選手との試合が現実味を帯びてきました。

マイケル・ダスマリナスと井上尚弥の試合はどうなる?

対戦した場合は井上選手が圧倒的に有利でしょう。ダスマリナス選手の試合を見てみると、井上選手とはテクニック面で圧倒的な差を感じます。井上選手が昨年11月に対戦したジェイソン・モロニー選手の方が強いのではないかという印象です。

 

実力差があるとは思いますが、ダスマリナス選手には1発のパワーがあります。勝機があるとしたらそこかもしれません。

 

ランキング1位の指名挑戦者とはいえ、ダスマリナス選手は井上選手からしたら格下です。しかし、やってみなければわからないところに勝負事の面白さがあります。見る側としてはスリリングで見ごたえのある試合を期待したいところです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です