総合格闘技

マネル・ケイプは一体どんな選手?強さや戦績と今後UFCへの挑戦は?

RIZINで抜群の存在感を発揮し、UFCとの契約を果たしたマネル・ケイプ選手。

 

今後の展開に注目すべき選手であることは確かです。

 

そんなマネル・ケイプ選手は一体どんな選手なのかに迫ってみようと思います。

マネル・ケイプ選手のWiki的プロフィール

名前;マネル・ケイプ

本名;マヌエル・ペドロ・ゴメス

出身地;アンゴラ ルアンダ州

生年月日;1993年11月14日

身長;165cm

体重;56kg

所属;AKAタイランド

通称;プロディジオ(天才)、傍若無人のアンゴラ番長

 

マネル・ケイプ選手ってどんな人?

個人的な初見の印象は、「煽りが凄い選手」というイメージが強かったですね。

最初の印象は山本アーセン選手への煽りで、一番印象的なのがイアン・マッコール選手との乱闘騒ぎです。

イアン・マッコール選手との試合前日計量の場で、ケイプ選手がマッコール選手の頭を叩く暴挙に出て、軽い乱闘騒ぎになっていました。

試合後も中々激しいアピールをしており、凄い選手だ・・・と思った記憶があります。

 

この後も、堀口選手や朝倉選手との試合前の煽りなども印象強いですが、個人的に一番好きな煽りは、佐々木憂流迦(うるか)選手との試合中の煽りです。

この一部始はRIZIN.14 佐々木憂流迦vsマネル・ケイプ戦、もしくはRIZIN CONFESSIONS29にて確認することができるため、興味のある方はぜひyoutubeで観てください。

 

試合中盤、憂流迦選手のセコンドから「ハイキックが狙える!」という内容の指示が出ます。

これを受けてケイプ選手は「ハイキック狙った方がいいって言ってるぞ」とアピールし、それに乗った憂流迦選手のハイキックを実際受けた後、拍手まで送るという・・・これかなり面白いので、観る価値あります。

 

ここまで荒い選手の印象を与えてしまっていますが、実はケイプ選手、めっちゃいい人です。

先ほどの話した憂流迦選手からも「いい奴」と言われていたり、朝倉選手とは試合後抱き合ってお互いの健闘を称えあっていたりする姿を見るに、かなりまともな人格を持っており、メディアを通して見える姿は、試合盛り上げるためのロールであることが容易に想像できますね。

試合後のインタビューなどでは、冷静に自分を見つめ直している姿を確認することができるので、メディアにて露出しているケイプ選手とは、別の側面を見ることができます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です