総合格闘技

堀口恭司選手の今後はBellatorベルト奪還?どこを目指している?

「史上最強のMade In Japan」こと堀口恭司選手。

大晦日の興奮がつい先日かと思うほどの鮮烈な復帰戦を遂げましたね。

そんな堀口選手の今後について、推測と解説をしてきたいと思います。

堀口選手の経歴

今後の話をする前に、堀口選手のこれまでの経歴を紹介したいと思います。

幼少時代

堀口選手は5歳のころから伝統派空手を始めたそうです。

中学の頃に「空手道 一期倶楽部」へ入門し、この道場で知り合った二瓶さんやそのご家族、道場に関わる人たちとの繋がりが、後々堀口選手がUFCからRIZINに移籍する原動力にもなっています。

また自身でも、空手で学び、培った技術がMMAに活きている。とご自身が発言しているほど、堀口選手の根幹とも言える強さなのでしょう。

堀口選手は高校でも空手部へ所属し、県大会で優勝を果たしているそうです。

 

MMAへの転向

高校在学中にPRIDE、K-1を観て山本”KID”徳郁選手に憧れて、卒業と同時に空手からMMAへ転向。

憧れのKID選手が運営する「KRAZY BEE」に入門し、内弟子となります。

その後アマチュア修斗で優勝を果たすと、そのままプロデビュー。

デビュー戦を白星で飾ると勢いそのまま、新人王、MVPを獲得します。

日本のMMAで実績を積んだ堀口選手は2013年にUFCと契約し、拠点をアメリカへ、所属もATT(American Top Team)へ移すことになります。

UFCではタイトルマッチに挑戦するも惜敗・・・しかしフライ級ランク3位にその名を並べます。

その後、戦場をRIZINへ移し、この年末、自身のケガを理由に返上していたベルトを奪還し、再びバンタム級チャンピオンに返り咲いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です