テレビ

仁禮彩香(にれいあやか)社長の年収は?実家は金持ちだった?

仁禮彩香さんは、現役の女子大生でありながら、経営者の顔も持つ驚くべき人物として、今テレビなどのメディアで注目されています。

 

仁禮彩香さんは、なんと中学2年生で起業し、高校1年生で母校を買収したんだそうです。

 

中学生のころに起業したなんて聞くと、何者?となりますよね。

 

仁禮彩香さんがどんな人物なのか、どんな事業をされているのか気になりますね。

 

今回は、仁禮彩香さんのプロフィール、経歴、事業の内容、年収やご実家についてまとめてみました。

仁禮彩香社長のプロフィール!驚きの経歴も!

ソース画像を表示

仁禮彩香(にれいあやか)さんは、1997年6月6日生まれの、現在(2021年月)23歳です。

 

23歳という若さでありながら、株式会社TimeLEap(タイムリープ)の代表取締役

つまり、仁禮彩香(にれいあやか)さんはこの若さで社長なんですね。

 

最近では、テレビや新聞などのメディアにも取り上げられ、可愛い、美人などとも言われていますが、23歳という若さで社長ということで、仁禮彩香さんの経歴が気になりますよね。

 

仁禮彩香さんの経歴を調べてみました。

 

仁禮彩香さんは、湘南インターナショナルスクール(SIS)という幼稚園に通っていました。

 

SISでは、自分で考えさせ、個人を尊重するとう教育方針でした。

 

問題が起きた時でも、先生がすぐに介入することなく、なぜそう思ったのか、なぜそうしたいかを生徒1人1人に聞き、子供同士が話し合って解決していたそうです。

 

幼稚園の頃から自分で考え、答えを出すという習慣が身につきそうですね。

 

仁禮彩香さんは、幼稚園はインターナショナルスクールに通っていましたが、小学校は公立の学校に通っていました。

 

そこで、自分が通っていた幼稚園との差に驚いたようです。

 

小学校では、幼稚園と違って、すべて先生が決めていたからです。

 

一般的な小学校では、先生が言ったことに生徒が従いますよね。

 

しかし、仁禮彩香さんは、答えが1つしかなく、すべて先生が決めるというやり方に納得できませんでした。

 

そこで、SISの園長先生に「小学校を作ってほしい」とお願いしたそうです。

 

園長先生に直談判しに行くとは、仁禮彩香さん、すごい行動力ですね。

 

仁禮彩香さんが小学2年生のころ、園長先生は本当に小学校を作ってくれ、2年生から『SIS Grade School』に転校しました。

 

このような環境で過ごす中で、仁禮彩香さんは日本の教育を変えたいと思い始めたようです。

 

小学生で、日本の教育の在り方について考えるなんて驚きますよね。

 

そして、より良い教育を提供する会社を作って、自分が働こうと決め、2011年、仁禮彩香さんが中学2年生のころ株式会社GLOPATHを設立しました。

 

株式会社GLOPATHは、仁禮彩香さんが20歳になったころ、次世代に譲り渡しています。

 

2016年8月には、2つ目の会社である、株式会社Hand-C(現TimeLeap)を設立し、ハーバード・ビジネスレビューが選ぶ「未来を創るU-40経営者20人」に選ばれました。

 

このころ、仁禮彩香さんは慶應義塾大学在学中の19歳でした。

 

大学生にしてミライクリエイターと言われるなんてすばらしいですね。

仁禮彩香はどんな事業をしてるの?年収は?

仁禮彩香さんは、中学2年生のころに起業したようですが、いったいどんな事業をしているのか、事業の内容を調べてみました。

 

株式会社GLOPATHのテーマは、「子どもによる、子どものための未来創造」です。

 

子どものアイデアを実現したいという思いから株式会社GLOPATHを設立しました。

 

株式会社GLOPATHは、企業と組み、学校に出張授業をするプログラムを展開しました。

 

仁禮彩香さんが高校生になったころ、学校経営を始めました。

 

その際に買収したのは、仁禮彩香さんの母校であるSISです。

 

現在のTimeLeapである株式会社Hand-Cは、「生きることに喜びを」というテーマをもとに、企業向けの研修や小中高生向けの人材育成プログラムなどの開発をしています。

 

1社目の株式会社GLOPATHとは、事業のテーマが変わっていますね。

 

仁禮彩香さんの年収が気になるところですね。

 

仁禮彩香さんの年収について調べてみましたが、残念ながら詳しい情報は見つけることができませんでした。

仁禮彩香の実家は金持ちだった?

ソース画像を表示

仁禮彩香さんがこれだけすごい人なので、どんな家庭で育ったのかと疑問を持つ方が多いようです。

 

そこで、仁禮彩香さんのご実家について調べてみました。

 

仁禮彩香さんのご両親は、母親は専業主婦、父親は会社員だそうです。

 

仁禮彩香さんが通っていた湘南インターナショナルスクールの学費が年間93万~100万ほどかかるそうです。

 

そして現在在学中の慶応義塾大学の学費は、年間134万ほどかかるそうです。

 

そのため、仁禮彩香さんの父親は普通の会社員ですので、お嬢様というようなほどの大金持ちではないと思いますが、ある程度お金持ちだ思います。

 

小学生のころに仁禮彩香さんの希望で転校していることや、現在の仁禮彩香さんの生き方から考えるに、仁禮彩香さんのご両親は、仁禮彩香さんの考えを尊重し、自己肯定感を高めてくれる素晴らしいご両親なのではないでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です