歌手

yamaの謎が深すぎる!素顔や年齢、性別は?なぜここまでヒットした?

突如現れた謎の歌手「yama」さん。

最近は「歌い手」からアーティストとして人気が爆発するケースが多いですね。

そんなアーティストたちの中でも群を抜くほどの謎さ、かつミステリアスさ。

その正体はどんな人なの?というところに今回は迫っていきます。

 

具体的には、素顔や年齢、なぜ売れたのかという部分ですね。

それでは見ていきましょう!

yamaのwiki的プロフィール!

yamaのWiki的プロフィール!

名前:yama(やま)

出身地:不明

誕生日:8月19日?

所属レーベル:MASTERSIX FOUNDATION

yamaさんは本当に謎が多い歌い手さんですね。

出身地や身長、血液型などもわかりませんでした。

 

yamaさんは現在事務所には所属されていないようで、レーベルはMASTERSIX FOUNDATIONに所属されているようです。

ネット上でバズっているyamaさんはソロで活動されているのですが、別にBINというバンドで「山上」という名前で活動しています。

もしかするとyamaも山上からとったものでしょうし、山上が本名なのかもしれませんね

 

誕生日については正確には公表されていないのですが、Twitterなどで8月19日に多くの人が祝うような内容のツイートをされていましたし、ネット上でも多くの情報があったので間違いなさそうです。

 

さて、次にyamaさんの経歴について簡単に紹介します。

音楽に出会ったきっかけについて、これというものはないそうなのですが、幼少期には歌うと周りの大人が喜んでくれたり褒めてくれたりしてくれたのだとか。

そんな環境で育ち、気付けば歌うことが好きになり、流行っていた曲を幅広く聞くようになります。

当時はアーティストを好んで聴くというより、歌ってみたいと思う曲を探すようなイメージで音楽を楽しんでいたようです。

 

ある時「他にも才能がある人はたくさんいるし、自分の実力を過信しすぎじゃない?」みたいなニュアンスで言われたことをきっかけに自身を失い、人前で歌うことを避けるように。

とはいえ音楽が好きという気持ちは変わらず、中学生の時に出会ったのがボーカロイドの「歌ってみた」動画でした。

自分もやってみたいなと思い宅録を開始し、歌ってみた動画を投稿する「歌い手」への一歩を踏み出します。

 

yamaさんが多くの人に知られるようになったのは2019年11月に、ボカロPのくじらさんが発表した「ねむるまち」という楽曲のゲストボーカルに参加したのがきっかけです。

Spotifyのバイラルトップ50で9位にランクインし、YouTube再生数も1,000万回以上

 

さらに2020年4月17日には初めてyama名義でのオリジナル楽曲「春を告げる」をリリースし、本格的にアーティストとしての活動を開始しました。

この楽曲がSpotifyのバイラルトップ50では1位を獲得し、MVの再生数は2020年2月10日時点で6,000万回を突破

若い世代を中心に人気を集めている歌手の1人となりました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です