相撲

21場所ぶりに大関復帰の照ノ富士!波乱万丈の復帰を支えたものとは?

大相撲春場所で三回目の優勝を果たし、21場所ぶりに大関復帰を決めた照ノ富士。一時は序二段まで番付を下げながら、見事な復活でした。

 

21場所ぶりに大関復帰の照ノ富士!波乱万丈の復帰を支えたものとは?

 

今日は奇跡の復活劇を果たした、照ノ富士を深掘りしていきます。

照ノ富士のwiki的プロフィール!

照ノ富士のWiki的プロフィール!

名前:照ノ富士 春雄 

本名:ガントルガ・ガンエルデネ

出身地: モンゴル人民共和国・ウランバートル

誕生日:1991年11月29日

身長:192cm

体重:178Kg

所属部屋:伊勢ヶ濱部屋

得意技:右四つ・寄り・極め出し・小手投げ

モンゴルからの相撲留学を経て角界入りした照ノ富士ですが、17歳になるまでスポーツとは無縁だったそうです。

 

学業成績も優秀で飛び級を認められ、17歳で技術大学に合格しましたが、両親の反対を押し切って日本への相撲留学を決断、横綱・白鵬関のお父さんジグジドゥ・ムンフバトと縁があり、2009年3月26日に来日して鳥取城北高校に編入しました。高校3年次の全国高等学校総合体育大会相撲競技で、団体メンバーの一人として優勝に貢献しました。

 

2010年にまたまた白鵬のお父さんの紹介で間垣部屋に入門、初土俵は翌5月の技量審査場所でした。13年3月場所限りで間垣部屋が閉鎖されると、伊勢ヶ濱部屋に移籍、その2場所後には新十両に昇進が決定というスピード昇進!

 

2015年翌春場所は新三役、小結の地位を通り越して関脇昇進、続く夏場所では12勝3敗で初の幕内最高優勝を果たし、5月27日の番付編成会議および理事会において、満場一致で平成生まれ初の大関が誕生しました。

 

ちなみに初土俵を踏んでから関取に昇進するまで名乗っていた「若三勝」の四股名は、入門時の師匠である間垣親方が大関時代まで名乗っていた「若三杉」にちなんでいます。
新十両昇進と同時に四股名を今の師匠、伊勢ヶ濱親方と、現役時代は伊勢ヶ濱部屋の所属だった照國という2人の横綱にちなんだ「照ノ富士」と改めます。

 

順風満帆に見えた相撲人生でしたが、それからは試練の連続でした。

 

2015年秋場所以降、特に膝のケガや病気に苦しむのでした。満足に稽古ができないまま出場してはまた休場を繰り返し、番付は下がり続けました。2017年九州場所で大関陥落し関脇へ、2018年初場所で関脇から十両へ転落します。そしてさらなる試練、糖尿病、C型肝炎、腎臓結石という内臓疾患にも苦しめられます。

 

2018年6月25日に名古屋場所の番付が発表正式に幕下への陥落が決定しました。大関経験者、幕内最高優勝経験者が幕下に陥落するのはこれが史上初でした。

 

それから約1年後の2019年春場所は、どん底からの再出発序二段48枚目で復帰。世話をしてくれる付け人はいなくなり、大関時代は200万円を超えていた月給もなくなり、観客もまばらな午前中、黒まわしにちょんまげ姿、まさに裸一貫で土俵に上がりました。

 

そこから12場所。一度も負け越さず、再び番付を上げて「24時間、ずっと相撲を考えて、できることをやっている。大関復帰だけを見据えてきた」と語りました。

幕内出場:29場所  226勝163敗46休
勝率:.581  最高位:大関  幕内優勝:3回
殊勲賞:3回  敢闘賞:3回  技能賞:3回  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です