K-1

武尊が強くて人気だけどファイトマネーや年収は?那須川天心とのマッチは実現する?

K-1で大活躍中の武尊さん。

格闘技ファンはもちろん、そうでない方も名前は知っているという方がほとんどなのではないでしょうか。

 

今回は、そんな知名度・人気急上昇中の武尊さんについて迫っていきます。

プロフィールやファイトマネーについて、そして神童こと那須川天心さんとの戦いは実現するのか?

このような内容について、詳しく見ていきましょう!

武尊のwiki的プロフィール!

武尊のWiki的プロフィール!

名前:世川 武尊(せがわ たける)

出身地:鳥取県米子市

誕生日:1991年7月29日

身長:168cm

血液型:AB型

所属:K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST

異名:ナチュラル・ボーン・クラッシャー

本名は「世川 武尊」という名前のようですが、格闘家としての名前は「武尊」と名前のみです。

闘争本能むき出しのファイトスタイルで、KO勝利を連発する姿からついた異名が先にも書いている「ナチュラル・ボーン・クラッシャー」

これほどの名前がつくほどですので、その戦績も圧倒的。

戦績は2021年5月末現在で「41戦 40勝 1敗」と驚きの強さで、この負けについても2012年のことなので、最近では負けなしと言ってもいいでしょう。

初代Krushフェザー級王者を獲得した後、K-1 WORLD GPの「スーパーバンダム級」「フェザー級」「スーパーフェザー級」と3階級制覇も成し遂げています。

そんな武尊さん、K-1に憧れて小学2年生の時に空手を始めたのが格闘技を始めたきっかけ。

保育士になりたくて、ボクシングがあり保育士の資格も取れる高校へと進学したのですが、素行が悪かったようで3ヶ月で退学になったのだとか。

その後キックボクシングに転向し、2008年にはアルバイトでためたお金でムエタイの本場、タイに単身で修行に渡り、様々なアマチュア大会に出場し経験を積みます。

2009年にはK-1甲子園に出場するも関西地区予選の2回戦で敗退し、悔しさから本部席の前田憲作さんに「強くなりたい」と訴えたところ、チームドラゴンへの入門を勧めれれて通信制の高校卒業後に入門をします。

そこから2011年にプロデビューを果たし、現在までのような圧倒的な強さを誇り、大人気の格闘家へと上り詰めたのです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です