総合格闘技

清水清隆のキャリアを徹底解説!これまでの戦績やプロ転身のきっかけとは?

清水 清隆のwiki的プロフィール!

清水 清隆のWiki的プロフィール!

名前:清水 清隆(しみず きよたか)

出身地:栃木県

誕生日:1984年3月14日

身長:158cm

血液型:?型

所属:TRIBE TOKYO M.M.A

趣味やその人の特徴等:実家はお蕎麦屋さん、趣味は落語を聞くこと

清水清隆選手はプロキャリア12年目を迎える大ベテランです。

 

現在は修斗を主戦場としており、ランキングは1位。チャンピオンはRIZINでも活躍している扇久保博正選手です。

 

しかも過去にパンクラスのチャンピオンであった実力もあり、日本の総合格闘技の中心人物であることは間違いないです。

清水 清隆は元バスケ部!?キックの登竜門でしっかり優勝!

清水清隆選手は栃木県出身で、高校生まではバスケットボール部に所属していました。

 

総合格闘技をはじめたのは高校2年生のときで、高校卒業後にプロ総合格闘家になりたいという思いが強くなり、栃木から上京してプロ総合格闘家への道を歩み始めます。

 

アマチュアの戦績は、2007年にKAMINARIMON CLIMAX ’07に出場し、55kgトーナメントで優勝をかざっています。

 

これは、キックボクシング団体のRISEのアマチュア部門で、キックボクシングの試合だったのですが、清水清隆選手は打撃を磨くために出場し、しっかりと優勝しています。

 

しかも、この時のトーナメント60kgの階級では、現在のK-1でも活躍している小宮山工介選手も優勝しています。

 

アマチュア部門とはいえ、プロ格闘家を目指す上での登竜門をしっかりとクリアしていると言えるでしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です