ボクシング

井上尚弥は減量どうしてる?体重や減量食など大調査!ボクサーの減量は過酷?

井上尚弥の体重は平均より高い?低い?階級は?

まず、井上尚弥さんの体型について紹介していきます。

井上尚弥さんの身長は165cmです。

この身長の標準体重は60kgほどで、井上尚弥さんも通常体重は60kg弱とのことで、平均くらいですね。

 

井上尚弥さんはプロ当初、ライトフライ級までは減量が過酷だったようで、パワーも半減。

しかし、スーパーフライ級に階級を上げて以降は、実力を発揮できているのだとか。

 

ちなみに、ライトフライ級は48.97kgの体重制限で通常体重から10kg以上の減量となるので相当大変なのが伝わってきます。

スーパーフライ級は52.16kg、現在のバンダム級では53.52kgの制限がありますが、難なくクリアしています。

それでも減量期となると6~7kgほどの減量となるので、過酷なことに違いはなさそうです。

井上尚弥はどのくらいの期間で減量するの?やり方は?

井上尚弥さんの通常体重や階級などを見てきたところで、これだけの体重を一体どのくらいの期間で減らしていくのでしょうか。

その減量方法とともに見ていきましょう!

 

減量方法には、もちろん計画的に減量していくという方法もありますが、軽量直前に急激に汗を出して水分を落とす、いわゆる「水抜き」など様々な方法があります。

井上尚弥さんは、サウナやお風呂などでの水抜きなどはやらず、しっかり食事などを管理しての減量のみだそうです。

 

期間としては大体試合1ヶ月前から減量を始めるそうで、減量前最後の日には焼き肉を食べに行くといいます。

そこから減量開始するのですが、今は1ヶ月前くらいに60kgまで調整し、スタートします。

実際に落とす体重は6.5kgほど。

 

最初はプラス5kg程を維持しておき、1週間前にプラス3kgほどまで落としているのを1つの目安としているそうです。

基本的には食事量を調整し、練習をすることでほぼ自動的に体重が落ちるような感じです。

とはいえ、減量中の練習はドラマ等でもよくある長袖で、とかそういうものでしょうか。

 

井上尚弥さんは減量中の体重に関しては、メモを取っているそうで、試合を行う国の気候などに合わせ、日本での減量ペースを調整しているそうです。

海外の乾燥している地域では、練習しても汗が出なかったりすることで、やはり気候も減量に影響を与えるようですね。

ボクサーは減量が99%と言われるように、命をかけて減量と向き合っています。

ライトフライ級の地獄を経験した井上尚弥さんは、現在の減量はそこまで苦に思っていないかもしれません。

この「地獄」については、後ほどエピソードを紹介しますね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です