ボクシング

ボクシングのライトフライ級で注目選手は誰?激戦必至で統一戦の流れ?

4大タイトルの内2団体で日本人王者を抱えるボクシングのライトフライ級。

先日も元ミニマム級4団体制覇王者、「高山勝成」選手がWBO王者の「エルウィン・ソト」に挑戦。

 

早すぎる?レフリーストップにより惜しくも王者奪還はならずでしたが、ストップ直後の高速シャドーボクシングはまだまだやれる!と言わんばかり。

ラスベガスのボクシングファンの心をつかみました。

 

48.99キログラム以下で争われるライトフライ級は2番目に体重の軽い階級。

過去に多くの日本人王者がいる階級です。

 

現在は4団体の内2団体は日本人がチャンピオンです。

 

統一戦が盛り上がる現在のボクシング業界。ライトフライ級も例外ではありません。

 

今の4団体のチャンピオンとは?

気になる日本人王者の動向は?

統一戦の予定はある?

過去の日本人王者たちは?

ライトフライ級の現在と過去、今後の予定について調べてみました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です