総合格闘技

芦田崇広のプロフと戦績!必勝パターンでRIZINフェザー級戦線はどうなる?

日本でもRIZINを中心に総合格闘技が盛り上がってきていますね!

 

現在のRIZINの中心選手の1人は朝倉未来選手と言っても過言ではないでしょう。

 

朝倉未来選手が戦っているフェザー級は、RIZINの中だけではなく、世界的にみても日本人がフィジカル負けせず世界に通用する階級であると言えます。

 

そのため、現在中心にいる朝倉未来選手に続くのは誰だ!?という議論はつきものです。

 

その中で、現在確実に次の候補として力をつけてきている選手がいます。

 

それが、芦田崇広選手です!

 

芦田崇広選手は第8代DEEPフェザー級チャンピオンの実績もあって実力も十分です。

 

現在役者が揃いつつあるRIZINフェザー級戦線にどのように食い込んでいくのか?どこよりも先に紹介していきます!

芦田崇広のwiki的プロフィール!

芦田崇広のWiki的プロフィール!

名前:芦田 崇広(あしだ たかひろ)

出身地:埼玉県

誕生日:1989年8月29日

身長:173cm

血液型:?型

所属:BRAVE

趣味やその人の特徴等:ファッションとビースト・ウォーズが好き

芦田崇広選手はファッションが好きなようで、SNSには洋服など小まめにアップされています。

 

また、ビースト・ウォーズが好きなようで、入場曲はそのテーマソングだったり、フィギュアをSNSでアップしたりしてます。

 

また、ディズニーも好きなようで、ジムの仲間達と遊びに行っている姿もよく投稿されています。

芦田崇広の格闘技のきっかけは!?あえてボクシングから!?

芦田崇広選手が格闘技に興味を持ったのは、中学生の時に見たPRIDEの影響でした。

 

当時はすぐに総合格闘技のジムに入門する手もあったそうですが、先にボクシングの道に進んでボクシング技術を身につけていれば、総合格闘技を後から始めた時に有利だと考え、高校生の時からボクシングをはじめた経緯があるようです。

 

その後、地元埼玉にある総合格闘技ジムの名門、BRAVEに入門します。

 

BRAVEジムと言えば、レスリングのオリンピックメダリストでかつてDREAMでも活躍した宮田和幸氏が代表を勤めているジムです。

 

d学生時代からスキルアップしてきたボクシングテクニックに加え、メダリスト直伝のレスリングと総合格闘技の技術を身につけた芦田崇広選手は、プロデビュー後も圧倒的な強さで勝ち進んでいくことになります。

芦田崇広の戦績は?必勝パターンに秘策あり!?

芦田崇広選手の戦績は、35戦23勝10負2分です。

 

しっかり勝ち越しており、対戦相手も国内トップ選手から勝利を得ています。併せて第8代DEEPフェザー級チャンピオンの実績を持っており、名実共に備わった選手と言えます。

 

芦田崇広選手の強みは、バックボーンであるボクシングテクニックだとよく思われがちなのですが、実はちょっと異なります。

 

各試合結果を見ていくと、ストライカーであるもののフィニッシュは組技が意外と多いことが挙げられます。

 

ここが芦田崇広選手が、BRAVEジムで身につけた強さだと言えます。

 

総合格闘技は立ち技からスタートしますが、立ち技では芦田崇広選手のボクシングテクニックが活かせます。

 

得意のボクシングで相手を制して試合をコントロールしつつ、効果的なパンチを当て、相手の疲労が出てきたタイミングで、宮田和幸氏直伝のタックルで寝技に持ち込み、スタミナ切れを起こした相手に寝技でしっかり極めて勝つ。

 

これが必勝パターンのようです。

 

そのため、時間内に上手くフィニッシュできなくても、試合内容は終始芦田崇広選手のペースで進むことが多いです。

 

下手にリスクを取って危ない試合をするよりも、自分の強みを活かしてしっかりと勝ちに行く。ある種のタフさと強さがあります。

芦田崇広の今後は?RIZINで朝倉未来との対戦は!?

芦田崇広選手の今後は、やはり朝倉未来選手を中心としたRIZINフェザー級戦線でどう活躍していくか?ということでしょう。

 

実は芦田崇広選手はすでにRIZINで2戦しています。うち1戦はキックボクシングルールで、K-1で活躍した平本連選手と対戦しました。

 

残念ながら平本連選手の土俵ではやはり不利で、あえなく敗戦となりました。

 

しかしながら続く2戦目は総合格闘技の試合で、しっかり一本勝ちをしてRIZINの舞台でも実力を存分にアピールしています。

 

2020年11月にはRIZINフェザー級タイトルマッチが行われます。朝倉未来選手はおそらくここでフェザー級チャンピオンのベルトを戴冠することになると予想されます。

 

ですので、芦田崇広選手が朝倉未来流選手に絡むとしたら、来年以降になるでしょう。

 

ただ、RIZINサイドも、今後フェザー級を盛り上げるためにも、次の対戦相手を決めるために他の選手達の試合も組むはずです。

 

おそらく芦田崇広選手は、早ければ年末に、時期朝倉未来選手への挑戦者を決定する試合が組まれることが予想されます。

 

もし芦田崇広選手と朝倉未来選手の対戦が実現したら、おそらくかなりバチバチの打ち合いが展開され、試合は大いに盛り上がるでしょう。

 

今後の芦田崇広選手に期待です!