ネタ

100万ドルの夜景は日本のどこ?最近残業も減って絶景スポットは成立してるの?

皆さん、夜景は好きですか?

 

嫌いな人って少ないんじゃないでしょうか。

もちろん、デートスポットとしても昔から変わらず人気ですよね。

ロマンチックなムードを演出する際には、綺麗な夜景は欠かせません。

例えカップルじゃなくても、悩みを抱えてメンタルが下がっている場合には、壮大の夜景を見ることで、悩みなんか小さいことだと感じ吹っ切れたりもしますよね。

100万ドルの夜景とは?

ところで、綺麗な夜景のことを総じて、100万ドルの夜景って言いますけど、どうしてこんな言い方をするようになったんでしょうか??

由来・語源

綺麗な夜景を称する 100万ドルの夜景という言葉。

まるでアメリカからやってきた言葉のようですが、実は日本生まれなんですよ。

1953年(昭和28)年、当時の電力会社の副社長が、六甲山から見る夜景のすばらしさに感動。

その感動が忘れられなかった彼は、なぜか山頂から見える大阪・尼崎・芦屋・神戸の電灯の数を計算したという。

すると、その数は496万7000個で、その電気代はひと月で4億2900万円。

これを当時の1ドル=360円で計算すると、100万ドル強になったのである。

偶然にもアメリカではすでに「100万ドル分の宝石をちりばめたような」という枕詞が、美しい夜景をさすものとして使われており、神戸の夜景のキャッチフレーズが「100万ドルの夜景」とされたのだ。

話がはずむ「ムダ知識」(PHP研究所)より

今では、函館や長崎、海外だと香港やシンガポールなど、多くの夜景が100万ドルの夜景と呼ばれています。

 

100万ドルの夜景の場所は?

実は、夜景に関しては、たくさんの○○夜景というものが存在しています。

日本三大夜景

・北海道函館市函館山

・兵庫県神戸市摩耶山

・長崎県長崎市稲佐山

※制定した人物・団体・根拠・時期いずれも不明

 

新日本三大夜景

・ 山梨県笛吹川フルーツ公園(山梨県山梨市)
・若草山(奈良県奈良市)
・皿倉山(北九州市八幡東区)

※非営利団体「新日本三大夜景・夜景100選事務局」が選定した、日本で特に美しい3か所の夜景。2003年4月に発表された。

他にも

■ 日本夜景遺産
日本夜景遺産事務局が選定する日本の夜景地。2018年8月時点で認定追加・解除を含めた夜景遺産地の合計数は全国236か所となっている。日本夜景遺産事務局では、産経新聞社と観光庁の後援により夜景鑑賞士検定(夜景検定)も実施している。

■ 日本新三大夜景
夜景観光コンベンション・ビューローから「日本新三大夜景」(正式名:日本新三大夜景都市)が認定・発表。

などがあります。

 

一方、世界でみると

世界三大夜景

・香港

・函館

・ナポリ

※制定した人物・団体・根拠・時期いずれも不明

 

新世界三大夜景

・香港

・長崎

・モナコ

※日本の一般社団法人・夜景観光コンベンションビューローが、同法人が認定を行っている夜景鑑定士3500人へのアンケートを元に、2012年10月に長崎市で行われた「夜景サミット2012 in 長崎」において、香港・長崎・モナコを「世界新三大夜景」と認定し、日本国外においては香港メディアがその様子を伝えた。

 

世界ランキングでも函館や長崎が入っていてスゴイですよね!

日本人が選定してるので若干微妙ですがw

 

今回はその中でも、新日本三大夜景を紹介していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です